おしっこの出が悪いときの改善法について知りたい

おしっこの出が悪いときの改善法

どんな原因が考えられるのか

正常に出ているおしっこ

膀胱におしっこが100mlから150ml溜まると尿意を感じ始めるそうです。
その時に、我慢できるのも通常に機能していると言えるのですが、寒さを感じている時や強い緊張している時など、気温の変化や精神状態が左右して我慢できないと感じる場合もあるので、我慢が出来ないからと言って必ずしも異常な症状だとは限りません。

膀胱の機能が正常に働いているなら、おしっこはトイレに行って準備が整ってからから出すという感じで、尿意を感じてから排泄まで自分自身でコントロールが出来るものです。

また、あくまで目安なのですが時間としては30秒以内には出し切るのが平均だと言われています。
勢いも良く出て、出し切った後はスッキリするでしょう。

機能が低下していると予測されるおしっこ

おしっこするのに通常の時よりも時間がかかっているな、トイレに行って出せる準備は出来ているのに出なくて、出すタイミングが自分でコントロールしにくい時は機能が低下しているサインなのかもしれません。

勢いが弱すぎてダラダラと出る、出したいと思ってから出てくるまでの時間がかかりすぎるなども同様です。

原因としては加齢や処方された薬の副作用なども考えられますが、膀胱など泌尿器のどこかでトラブルを起こしていたり、尿道が他の臓器のトラブルで圧迫されている場合もあります。

おしっこを我慢したり出したりのコントロールを膀胱に送る神経を司る脳や脊髄などの病気が原因で機能が低下する場合もあるので、排尿障害の原因は幅広いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る