おしっこの出が悪いときの改善法について知りたい

おしっこの出が悪いときの改善法

排尿困難ってどんな症状なのか

何らかの要因で膀胱の収縮する力が弱まったり、尿道の閉まり具合が悪くなり、膀胱におしっこが溜まったら出すと言うメカニズムが崩れてしまう事があります。

おしっこがしたいと言う尿意は感じるのにトイレに行っても出にくい、勢いが弱すぎダラダラと出る、途中で何度も止まって途切れる、尿意を感じてから出るまでの時間が長くかかる、腹部に力をかけないとおしっこが出せない、おしっこがいつまでも残っている感じがしてスッキリ出来ないなどの自覚症状が出て気が付く事が多いようです。

加齢も影響するようですが、膀胱や尿道の病気によっても起こりますし、まれに薬の副作用が影響する事もあるようです。

さほど心配のない場合もあるのですが、万が一病気の場合はそのままにしておくと悪化してしまう危険があります。
重症化すると、膀胱炎をおこしたり、腎臓に負担がかかり水腎症や腎不全を合併する事も予測されます。
逆流した細菌が体内で炎症を起こしたり、全く尿が出なくなってしまう事もあるそうです。

大きな病気の症状の1つの場合もあるので、加齢のせいかもと放置しておくのは危険なので病院できちんと調べましょう。
単に出にくいなぁというレベルであれば、水分摂取を心がける事で改善も期待できますが、疲労感や浮腫み、血尿など他の体調変化もあるなら、速やかに泌尿器科のある病院を受診する事をおすすめします。

病気が要因でなかったにしても精神的にも日常生活に影響も出る不便な症状かと思うので、早目に対策をして改善出来たら良いですね。

TOPへ戻る